日・スロバキア社会保障協定の発効について

厚生労働省より、4月18日(現地時間同日)、「社会保障に関する日本国とスロバキア共和国との間の協定(日・スロバキア社会保障協定)」(平成29年1月30日署名)の効力発生のための外交上の公文の交換が、ブラチスラバで行われました。と発表がありました。

※参考 社会保障協定とはhttps://www.nenkin.go.jp/service/kaigaikyoju/shaho-kyotei/kyotei-gaiyou/20141125.html

この協定は、本年7月1日に効力が生じることになります。協定が発効済の国は現在18か国。スロバキアは19か国目となります。

この協定が発効することにより、企業、駐在員等の負担が軽減され、日・スロバキア両国の人的・経済的交流が一層促進されることが期待されます。

どんどんと着実にグローバル化が進み、働きやすい土台ができてきていますね。

労務・年金相談安達事務所


カテゴリー: 社会保険

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です